さて、今回は過払い金の対象者について、どの様な人が対象になるのかと言うお話をさせていただきます。

その前に先ず過払い金とは何かについてのお話をさせていただきますと、過払い金とは誰もが返してもらうことができる払い過ぎたお金や利息のことです。

過払い金について

どうして過払い金が今、騒がれているかと言いますと本来利息制限法に基づいて金利は10万円から100万円の間では年利が18%を超えてはいけないと言う法律があるのですが、しかし2010年まで貸金業者はこの規則を守らずに18%を超えて29%位の高い年利で請求をしていました。

しかしこれに関しては貸金法が見直され2010年以降は過剰な年利を課した場合にはその会社場合には罰せられるようになりました。

過払い金の対象者

ではどのような方が過払い金の対象者になるかと言いますと2010年に下記の消費者金融からお金を借りたことがある方たちです。

アコム、プロミス、アイフル、レイク、セゾン、オリコ、ニコス、エポス、イオン、セディナ、ポケットカード、高島屋カードになります。

こう見るとテレビのコマーシャルで宣伝しているほとんどの消費者金融になることがお分かりになるかと思います。

ですので我こそはと思う方は一度確認をしてみる必要があります。

過払い金の相談をするには?

前項に記載をした消費者金融から2010年以前にお金を借りていたという方は一度問い合わせをしてみる必要がありますが、だからと言っていきなり借りている消費者金融に電話をしても回答までに時間がかかったり上手く濁されてしまうことが多いですので、こう言う時には今テレビやネット広告で頻繁に宣伝をしている法律事務所や司法書士に連絡をしてみましょう。

最近ではホームページがある所も多いので無料相談を受けてくれる事務所を探してから連絡をしてみると良いでしょう。