借金などが膨らんで、これ以上払う事ができない、支払いができないから毎月のように悩んでいるなどお金に関する悩みは様々です。

何度かきんさくをかさねても多重債務に陥る傾向にあります。

借金を少しでも減らしたいと考えている方は、債務整理がおすすめです。

債務整理と一言にいっても数多くあります。

任意整理、自己破産、個人再生などがあります。

一人で債務整理をしようと考えると大変な事になるので、法律のプロである弁護士に相談するのが望ましいです。

弁護士と聞くと敷居が高く依頼するのに躊躇してしまう傾向にあります。

しかし、初回相談は無料であることが多いため安心して相談することが大切です。

債務整理の基本的な流れとしては、まず法律事務所を訪問して債務整理に至る経緯を説明します。

  1. 弁護士と相談した上でどの方法が自分にあっているかを相談します。
  2. 債務整理の方法が決まったら、受任通知を記入します。
  3. それから弁護士が依頼人と金融業者との間に入り交渉を行います。
  4. 交渉では今後の返済方法について相談したり、取り立てが即日止むなどのメリットがあります。

しかし、債務整理を行うと信用情報機関にその事実が記載されます。

そのため、ローンや新規のクレジットカードを作ることが出来なくなるというデメリットが存在します。

一定の期間生活が不便になることも覚悟しておかないといけません。