過払い金とは?請求できるの?

グレーゾーン金利とは

さて本日は過払い金のことについてのお話をさせていただきますが、過払い金=グレーゾーン金利と言っても良いほどこの2つは切っても切れない関係になります。

ではグレーゾーン金利とはどのような物なのかと言いますと本来消費者金融は消費者に対してお金を貸す時には利息制限法に基づいて元本がもし10万円未満の場合には年利は20%、そして元本が10万円~100万円以下の場合には年利は18%、また元本が100万円以上の場合には年利は15%と決まっているのですが、実は2007年以前については出資法と言う別のルールが優先されていたために消費者に対する年利の上限が29.2%でした。

そしてこのとても高い金利がグレーゾーンと呼ばれていました。

過払い金の実施

以前までは、公然とこのグレーゾーンで貸金取引が行われていたのですが、2006年の最高裁でこのグレーゾーンで取引をすることが禁止となったためにそれまでグレーゾーンでの高い金利を払っていた消費者に対して払い過ぎていた分の金額を過払い金と呼ばれ、これを返還することが義務付けられました。

ですので中には数十万円や数百万円が返金される方もいて、その中から残りの返済に充てがったりまたは完済してしまったと言う人もいるのです。

過払い金の期限

過払い金が昨今ちまたですので騒がれている理由についてはご理解をいただけたかと思いますが、でも最近テレビのコマーシャルでも過払い金の返金期限が近づいていると言っていますがこれはどう言うことかと言いますと過払い金の返金を申請する期間は最後に取引をしてから10年までとされています。

また2007年以降についてはグレーゾーンはありませんのでそう考えると2017年までが返金期限となるのです。

ですので2007年以前から消費者金融と取引をしていてまだ過払い金を申請していない方は急いで問い合わせをしてみましょう。